古物商許可申請書類作成・代行

 アンティークや古着などの「古物」をネットショップ、オークション、フリーマーケットアプリなどで販売する場合、古物商許可が必要になる場合があります。
 また、背取りなどのビジネスをしている場合も「業として」「仕入れをする」ことになる可能性が非常に高いため、古物商許可を取得しておく必要もあるかと思います。

古物とは以下に該当するものをいいます。

  1. 一度使用された物品
  2. 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  3. これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの
  4. 「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うことをいいます。

また、古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。

美術品 絵画、版画、書画、骨董品、工芸品、アンティークなど
衣類 洋服類、和服類、子供・ベビー服、ジーンズなど
時計・宝飾品 腕時計、置き時計、眼鏡、宝石類、指輪・ネックレス等のアクセサリーなど
自動車 各種4輪自動車、タイヤ、自動車部品類
自動2輪車及び
原動機付自転車
各種オートバイ、原動機付自転車、及びこれらの部品類
自転車類 各種自転車、及びこれらの部品類
写真機類 カメラ、顕微鏡、双眼鏡、天体望遠鏡など
事務機類 パソコン、ワープロ、コピー機、ファックス、シュレッダー、レジスター、タイムレコーダー、電卓など
機械工具類 電気機械、土木機械、工作機械、化学機械、小型船舶、携帯電話、ガス器具、ゲーム機、ミシンなど
道具類 コンピューターソフト、ゲームソフト、レーザーディスク、CD、レコード、ビデオテープ、カセットテープ、家具、楽器、スポーツ用具、釣具、日常品など
皮革・ゴム製品類 カバン、ベルト、靴、財布など
書籍 各種書籍、辞書、写真集、地図など
金券類 航空券、乗車券、タクシー券、ハイウェイカード、商品券、各種入場券、切手、収入印紙、テレフォンカード、公共交通機関のカードなど

  古物商許可が必要になるケースとしては、中古品を「仕入れ」て販売する場合です。 自分自身で使用していらなくなったものを販売する程度であれば、古物商許可は必要ありません。

 また、インターネットで古物営業を行う場合、申請時にその販売を行うページのURLを申請しなければなりません。

 古物商許可の書類作成は全国対応で行っています。 提出の代行は札幌市内及び札幌市周辺地域のみ行っています。

 書類の作成の場合でも申請する警察署との折衝等をした上で警察署に足を運んでいただく回数をできる限り最小にするように心がけます。

古物商許可申請書類作成(札幌市内は代行)料金表

古物商許可(個人申請) 30,000円~
古物商許可(法人申請) 40,000円~
古物商許可の同時申請で複数の都道府県で申請する場合 1都道府県追加ごとに
+15,000円~
営業所追加、役員変更等の変更届 10,000円~

※ 北海道内の場合は別途交通費で代行も可能です。
※ すべて税抜き価格表示です。
※ 新規申請の場合は、別途申請手数料19,000円が必要です。 変更届の場合も申請手数料が別途発生します。

このページの先頭へ