投稿記事一覧

 過去に投稿した利用規約や契約書の作成などについてのお役立ち情報を掲載します。

 旧ネットショップ利用規約作成室コンテンツの「利用規約書き方講座」の記事についてはこのページの下のほうにありますのでご参照ください。

「SNS」に関する記事一覧

「マッチングサイト」に関する記事一覧

「利用規約」に関する記事一覧

「利用規約書き方講座」に関する記事一覧

「外国語利用規約・契約書」に関する記事一覧

「特定商取引法」に関する記事一覧

「著作権」に関する記事一覧

「許認可」に関する記事一覧

「重要なお知らせ」に関する記事一覧

利用規約書き方講座(ネットショップ利用規約作成室・旧サイトコンテンツ)

 リニューアル前の本サイトのメインコンテンツであった利用規約書き方講座をリストアップしたページです。

 一部古くなった情報等を新しく書き換えました。

【利用規約の書き方】 利用規約を設置する目的

インターネットでの取引の欠点を把握する

 インターネットでの取引は現実のものと異なり,家や職場にいながら買い物ができたりサービスを受けられるという大変便利なものですが,ということは逆に取引が世界中に広がったり,顔が見えるわけではないので未成年者などと取引してしまう可能性があるなど,運営者側からするとリスクが増大してしまうかもしれません。 このようなインターネット取引の欠点をよく把握する必要があります。

利用規約を設置する目的

 利用規約を作成する際,なぜ利用規約というものが必要なのかについて考えてみる必要があります。 前述のような広がってしまうリスクに対して規約なしで対応することができるでしょうか? また,規約を設置する目的をよく考えると,「自分のサイトにどのような条文が必要か」という内容がある程度理解できるのではないでしょうか?

 

【利用規約の書き方】 コピーペーストでも大丈夫?

コピーペーストすると陥りやすい規約の落とし穴

 自分のサイトの利用規約を作成するうえで,「似たような業種の他サイトの規約のコピーペーストでも大丈夫だろう・・」という考えをお持ちの方も多いはず。 法律面などの予備知識なく都合のよさそうな条文だけをコピーペーストすると思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。 

 

【利用規約の書き方】 利用規約作成のポイント

 利用規約を作成する際に重要なことは,いかに訪問者や利用者に同意してもらうか,ということです。 そのためには,大勢の人に合意してもらう必要がある内容と一部の会員や取引をしてくれる人向けのより具体的な内容とを区別して考え,それぞれに向けた規約を作成する,という方法があります。

 

【利用規約の書き方】 利用規約の書き方の基本

日本語の文法に従って,5W1Hをはっきりと

 たとえば主語が二つあったり,「誰が」「誰に対して」「どのようにする」のかがはっきりしていない文章の条文ならはっきりいってないほうがましです。 規約の条文で解釈が幾通りも存在するということは,逆にリスクを増大してしまいます。

条文の文章表現を工夫する

 条文を文法に忠実に書いたとしても,それだけでリスクを減らせるものではありません。 文章表現を工夫することでリスクを減らすだけでなく,利用規約を変更する回数を極力少なくすることもできてしまいます。

サイト内での権利・義務をしっかり文章にする

 たとえばサイト内でユーザーが「何をすることができるのか?(権利)」,「何をしなければならないのか?(義務)」をしっかり書かなければ大きなリスクを負ってしまうことも時にはあります。

民法や商法・特定商取引法などの原則との兼ね合い

 規約を作成するうえで自分のサイトとかかわる法律の原則をよく知っておく必要があります。 自分に有利になるように条文を書いても,それが「無効」と判断されてしまうと,その条文がないことになってしまうので,逆にリスクを負うことになりかねません。

他サイトの利用規約との兼ね合い

 特にネットショップなどの場合,提携するサイトや配送会社,買い物かごプログラムや決済代行会社などのシステムによって,サイト内でのルールや決め事にも微妙な変化がある場合があります。 その提携サイトなどの利用規約をよく熟知することで,自サイトにとってベストの利用規約が出来上がることでしょう。

利用規約の設置の仕方によっては「無効」になってしまう?

 経済産業省の「電子商取引に関する準則」では利用規約が利用者から見づらい場所に設置されているような場合には,利用者がその利用規約に「同意した」こととはみなされない場合があることに言及されています。

 

WEBサイトごとの利用規約の特徴

 たとえば会員制WEBサイトとネットショップや掲示板サイトでは潜在するリスクはまったく異なるものです。

 ここではWEBサイトを大まかに分類して,それぞれのWEBサイトごとのリスクとそのリスクに対する解決方法について説明していきたいと思います。

ネットショップなどの商品等を販売するサイトの規約

 ネットショップなどの商品をWEB上で販売するサイトでは,代金の支払い方法や返品・返金について,さらには商品に瑕疵(欠陥)があった場合の対応などを予めきちんと定めておく必要があります。
 あと,見落としがちなのが,顧客との通知の手段を「電子メール」で行う場合には,きちんと顧客にその旨の同意を得ていなければなりません。

IDやパスワードでユーザーを管理するサイトの規約

  特定のユーザーに対して特別なサービスを提供する場合,もっとも有効な手段が,この「IDやパスワードで管理する」というやり方ではないでしょうか?
 ところが,せっかくIDやパスワードをユーザーに付与しても,そのユーザーがIDやパスワードの管理を怠ったり,第三者に使用させたりしてしまっては何の意味もないのではないでしょうか?

 ポイント制を導入するネットショップなども,ポイントの付与や管理のために,購入者に対してIDやパスワードを登録してもらう場合(ほとんどだと思いますが)は,このタイプの規約も準備する必要があります。

掲示板や口コミ板などのサイトへの書き込みが可能なサイトの規約

 掲示板や口コミ板など,ユーザーが書き込んだ内容がそのままサイトの文章を構成するサイトもずいぶん増えましたし,それがある意味大きな影響を与えるようなこともありうるようです。
 ところが,そのような自由に書き込みができる場所に,エッチな表現の書き込みや暴力的な書き込みがなされてしまったらどうしましょう。 そのような風紀を乱す書き込みに対する処遇をしっかり定める必要があります。

 

利用規約に関するFAQ(よくある質問と回答)

 たとえば「利用規約を他サイトのコピーペーストで十分ですか?」や「特定商取引法表示はどこかに届出なければならないの?」というご質問は本当によくお受けします。 利用規約や特定商取引法表示などに関するよくある質問についての当事務所の考え方や回答をまとめてみました。

 

このページの先頭へ