外国語利用規約・外国語契約書の日本語への翻訳

 外国語で書かれた利用規約、プライバシーポリシー、契約書などを日本語版の利用規約、契約書に翻訳します。

 たとえば外国で展開しているサイト、サービスなどを日本で展開する場合に、日本語の利用規約や契約書を準備する必要がある場合などに便利なサービスかと思います。

  • WEBを通して世界中にサービスや商品を販売・提供したい方に
  • 法律に詳しい専門家による監修
  • 熟練した翻訳者による翻訳
  • マイナーな言語にも対応できます。

利用規約の修正や作成について

 外国で展開しているサイトやサービスの場合、その利用規約や契約書は非常に簡潔に書かれたものしか存在しない、というケースが多々あります。

 日本国内で海外とまったく同じサービスを展開する場合でも、その簡潔な利用規約や契約書をそのまま日本語に翻訳して利用するのは大きなリスクを負うことになりかねません。
 日本でのサービス展開にあわせて利用規約の修正や場合によっては作成しなおしたほうがいいケースも出てきます。

 当事務所ではそのような場合でも展開するサービスの内容や規約や契約書に記載された内容などを総合的に判断して適切なアドバイスを行っております。

海外のサービスを日本で展開する場合の注意点など

 海外のサービスの中には便利なものが多くあります。 ただ、それをそのまま日本に輸入して展開することは危険な場合もあります。

 先日Uberというタクシー配車アプリの運営事業者が「ライドシェア」という新たなサービスを展開するテストを行って国土交通省から指導を受けるという事案がありましたが、これについては国土交通省がこのサービスを行うためにはタクシー事業の認可などが必要になると判断したことを意味するかと思います。

 また、民泊に関するマッチングサイトの「Airbnb」についても、宿泊をさせるために登録する事業者が「旅館業の許可」を持っているかどうかが問題となっています。 これについては今後の政府、自治体などの方針によっては問題になってくる可能性も高いのではないかと思います。

 この2つのケースでわかることは、海外では何の問題もなく行えるサービスでも、日本で展開する場合には「許認可 」が必要になるケースがあるということです。 そのようなケースにおいても、「許認可の専門家」である行政書士に事前にご相談いただければ、許認可の必要がある場合には代行や書類作成などについてもお手伝いできるものと思います。

他言語版の利用規約、契約書等の日本語への翻訳料金

 他言語版の利用規約、契約書等を日本語に翻訳する場合の翻訳料金は以下のとおりです。

英語版の契約書 22円/単語
その他の言語 ※お問い合わせください

※ すべて税抜き価格表示です。
※ 難易度等によって料金が変動しますので、ご了承ください。

翻訳版のチェック等について

 WEBサイトの利用規約やASP,SaaS利用契約書など、日本語に翻訳した規約、契約書の用途として第三者に提示することを目的とするものの場合、翻訳された規約、契約書を当事務所で、不足した条文がないかどうか、日本語版としての使用に耐えられるかどうかを簡易にチェックした後に納品します。  

このページの先頭へ