ネット上のテンプレートを探すのが困難だったり、使用することが危険な契約書の作成はお任せください。

悩む時間がもったいない方はまずお問い合わせください!
ウェブサイトやSaaS、アプリなどの制作・開発や保守に関する契約書

システムやアプリの開発を外注する場合システムやアプリの 開発委託契約書、それらを他の事業者と共同で開発する場合には 共同開発契約書、ホームページの制作を外注する場合には WEBサイト制作契約書などシステムやWEBサイトの制作や開発にかかる契約書、それらの 保守契約書などは当事者の知的財産の所在や負担する業務などをしっかり取り決めなければ大きなトラブルに発展する可能性があります。

それらの権利関係や業務内容が均一ではないため、ネット上のテンプレートなどで済ませるのは危険です。

レベニューシェア型の契約書

事業の開始に際して、その大元となるシステムやアプリ、ホームページなどの開発、制作にかかる資金を無料もしくは低額に設定して、ビジネスの開始後にそのシステムなどから生じる利益を分配することで開発資金などを回収していくレベニューシェア型の契約書のご相談をよく受けます。

このレベニューシェア型の契約には特有のリスクが存在します。

このような レベニューシェア型の契約のリスクを契約書でしっかりと消すことが大切です。

iBeaconなどを活用したアプリなどを開発、販売する場合の契約書

iBeaconなどを活用したサービスで、そのiBeaconを動かすためのSDK(ソフトウェア開発キット)、管理用のASP、オリジナルのスマートフォンアプリの開発をセットで提供するサービスも多くあります。

そのようなサービスの場合、 自身が開発した著作物から 契約者が 二次的著作物を作成することを許諾することになるため、自身の権利の内容や使用許諾する権利の制限に関する事項をしっかり定める必要があります。

インターネット上で掲載される画像や動画素材のモデル契約書

インターネット上のモデル契約書のテンプレートの多くは紙面広告などのモデル向けの肖像使用許諾契約になっています。

紙面広告などの場合には掲載される紙面や期間がある程度特定される特徴があります。他方、インターネット素材などのモデルについては、どちらも無制限に拡散されていく可能性もあります。

そういった内容をしっかりと規定したうえで、そのモデルの肖像が使用された素材等の使用者に対しても素材の使用条件などを提示する必要があります。

日本国内で提供されるサービスなどで、外国の企業等と締結する契約書

日本で展開されるサービスに海外の企業が契約を打診してくるケースや、海外の企業と業務提携して日本国内で事業を展開する場合など、日本語だけではなく英文の契約書も必要になる場合、契約書の作成のみならずその提示方法や契約の締結方法などについてお役に立てるものと思います。

その他契約書のテンプレートを探すのに疲れた場合には

当事務所はIT向けの契約書作成が得意な行政書士事務所です。インターネットビジネスに関連する契約書なら法令や道徳に反する場合や第三者に損害を及ぼすことを目的とする場合などを除き、どんな契約書でも作成します。

もちろんネットビジネスがラムではない契約書の作成も行っております。

もし「契約書テンプレートを探したけどよさげなものが見つからない。」「見つけたけどこれが自分に合っているか判別できない。」といった場合には、深く悩まずに当事務所にお気軽にお問い合わせください。

契約書作成も当事務所に依頼するメリット

当事務所は2007年の開業以来ネットビジネス専門の行政書士として主に利用規約関連の業務をしてきました。その中で様々なネットビジネス関連の契約書の作成の依頼も多くいただいてきました。

その多くがとてもネット上のテンプレートで完結させることのできない複雑な契約です。

当事務所ではまだテンプレートがない契約書や、複雑な契約書の作成を得意としていますので、是非お気軽にお問い合わせください。

01. どんな内容の契約書でも作成可能!

たとえば、地方のポータルサイトや商店街向けのサイトの構築をする際の、運営者や商店街組合との包括的な契約はもちろん、情報掲載する店舗との間で個別に締結するiBeaconを活用したクーポン配布システムの構築やBeacon発信機の貸与に関する契約書の作成なども手掛けてきました。

また、そういったサービスを自治体などと連携して実施する場合の自治体との契約書や合意書などの作成も当事務所の得意分野です。

特に自治体や独立行政法人などとの契約は、締結までの時間がかかったり修正が多岐にわたったりする場合も多いので、他の契約書作成業者が敬遠することもあるようです。

そういった契約書の作成は当事務所にお気軽にお問い合わせください。

02. さまざまなファイル形式や様式での納品が可能!

当事務所では、さまざまな態様、ファイル形式で契約書を作成することができます。

たとえば以下のような態様やファイル形式での作成、納品が可能です。以下に記載のない形式やフォーマットでもご希望があれば極力対応しますのでお気軽にお問い合わせください。

「約款+申込書(規約+フォーム)形式」

大勢の対象者に対して画一的に契約内容を提示する場合や、遠隔地からの申込を受け付ける場合には、両者記名押印の方法で契約するよりも申込書に必要事項を記入、押印してもらって郵送してもらったり、WEB上の申込フォームから申込をしてもらうほうが便利な場合もあります。

「約款(規約)+契約書形式」

大勢の対象者に対して画一的に契約内容を提示する約款などに加えて、利用数や契約期間、料金などを個別の契約書にて定めるタイプの契約方法にも対応可能です。

特定商取引法の規制をクリアする契約書

特定商取引法の概要書面や契約書面などではクーリングオフ規定などの指定された条項について、赤枠内に文字の大きさ8pt以上の赤字で記載という義務があります。

当事務所では 特定商取引法をはじめとする法定のフォーマットに則った形で契約書を作成できます。また、不動産や保険の取引などで義務付けられていたり、スマホなどの通信契約など、義務ではないものの推奨されている重要事項説明書なども契約書と同時に作成いただくとお得になります。

英訳併記の契約書

たとえば日本国内で実施される事業等について海外の事業者との間で契約を締結する場合、その海外の事業者向けに英文の契約書も作成することになる場合も出てきます。

また、海外の事業者と日本のユーザーとの間の合意書などでも英文併記のものをしておくとお互いの認識の違いが生じにくくなります。

当事務所では 英文併記の契約書や合意書の作成だけでなく、その際の「どちらの言語の版を正規版にするのか。or明記しないのか?」などについても、お客様のご希望に沿う形で対応できます。

OneDriveやGoogleドライブ上での共有での納品

基本的には契約書の草案提示や修正、納品はワード形式およびPDF形式のメール送信にて実施します。ご希望の場合にはOneDriveでの共有、GoogleドライブでのGoogleドキュメントの共有、icloudでのpagesファイルの共有などにも対応できます。

03. 相手から別の条件を要求された場合も安心!

契約書を作成して相手方に提示した場合、相手方から「こんな条件に変えてほしい」とか「ここの条文は削除してほしい」といった返答をもらうことがよくあると思います。
また、「やっぱりこの契約書で契約してほしい」といってまったく別の契約書を逆に提示される場面も出てくるかもしれません。

当事務所の契約書作成サービスには、そのような条文変更に関する相手方の意図の分析やその条文変更の要求に対する対案の準備、別の契約書を提示された場合にはその契約書の修正や変更、リスクの解説なども含まれており、これらに関する追加料金はいただきません。

  • ご依頼後3ヶ月間の間の修正や変更に限ります。 また、利用契約書など、複数の事業者に対して提示する契約書や約款、規約の改定や変更、上書き条項の追加などを除きます。
  • 「提示後の変更の必要がないのでその分安くしてほしい。」というご用命も多くいただいております。もちろんそういったご要望にもお応えできますのでご希望の方はお問い合わせください。
  • 「法律相談」に該当する高度な法律判断を含む内容などに関しては行政書士業務の範囲外になります。そのようなご相談に該当する場合には提携弁護士をご紹介させていただくことも可能です。

04. 汎用性がある形での契約書作成も可能!

たとえば継続的な取引が発生する契約で、基本的な取引内容を基本契約書の形で締結しておいて、個別案件が出てきたときに個別契約書や発注書などを取り交わす形の取引はよく見受けられます。

当事務所ではそのような基本契約書+個別契約書ひな形のような形での契約書作成も可能です。このようなケースの場合には「基本契約書+個別契約書ひな形」で一つの作成代金になります。

また、取引金額や時期を明記せずに空欄にして相手との交渉段階で入力するようなフォーマットにて作成することも可能です。

  • 基本契約書と個別契約書の内容があまりにもかけ離れている場合は別途料金をいただく場合があります。

主なネットビジネス向けの契約書作成料金

さまざまな種類、バリエーションの契約があります。当然その内容を記述する契約書でも必要となる条文が異なるため、単一の料金で契約書を作成することは困難です。以下は当事務所での主な 契約書作成の基本料金になります。

※ 表示価格はすべて消費税別です。

業務委託契約書

一方の当事者がもう一方の当事者に何らかの業務を委託して、その対価を支払う業務委託契約の契約書作成代金です。さまざまな態様の業務委託契約が存在するため、正確な作成料金はヒアリングさせていただいたうえでお知らせします。

保守契約やコンサル契約など

一定期間その業務に従事する(させる)ことを取り決める契約書の作成代金です。保守契約やコンサル契約などがこれに該当します。

A4原稿3~5枚  25,000

円~

請負契約など

一方が成果物(契約の対象物)を完成することやある業務を完結させることを目的とする契約の契約書作成代金です。イラストや動画など、著作権が発生する成果物の場合には+15,000円~の追加料金が発生します。

A4原稿5枚~  30,000

円~

ウェブサイト・アニメーション動画等の著作物の制作委託契約書

ウェブサイトやアニメーション動画、イラスト、写真加工等の著作物を制作することを委託する契約書です。

A4原稿5枚~  45,000

円~

ウェブシステム・アプリ等構築委託契約書

プログラムの構築など、特許やより高度な知的財産の使用を伴う業務の委託に関する契約書です。受託側の既得の知的財産の使用許諾条項などを含むため、難易度が高くなります。

A4原稿7枚~  65,000

円~

複合的な業務委託契約書

請負契約と保守契約など複数の異なるタイプの業務を一方に委託する契約書の作成料金です。たとえばウェブサイト制作契約書で保守契約に関する規定なども盛り込む場合には、こちらの料金が適用になります。

A4原稿7枚~  45,000

円~

レベニューシェア形式にする場合の追加料金

たとえばシステムの構築に係る請負代金や数年分の保守料金ををレベニューシェア形式で行う場合などは下記の追加料金が必要となる場合があります。

15,000

円~

秘密保持契約書(簡易版)

秘密保持契約書の作成代金です。一般的なレベルの秘密保持契約はこちらになります。
 

A4原稿2~4枚程度 18,000

円~

秘密保持契約書(厳格版)

特許やノウハウなどが絡む場合などより厳格に秘密を保持させるための契約書です。
 

A4原稿4枚~ 35,000

円~

著作権譲渡契約書

一方の当事者が作成した著作物をもう一方の当事者に譲渡する契約書の作成料金です。有償で譲渡する場合と無償で譲渡する場合、同一の料金です。
 

A4原稿2枚~ 20,000

円~

著作権使用許諾契約書

一方が著作権を保持している著作物の著作権を残したまま、もう一方の当事者に使用許諾する際の使用許諾契約書の作成料金です。

使用条件やロイヤルティなどを規定します。

A4原稿4枚~ 30,000

円~

肖像使用許諾契約書(WEB公開用)

インターネットの広告などでモデルの肖像を使用する際の肖像の使用許諾に関する契約書の作成料金です。使用条件やロイヤルティなどのほか、使用停止条件やモデルの不祥事の際の措置などを規定します。

モデルの撮影などに関する規定も同じ契約書内に規定する場合には別途追加料金が発生します。

A4原稿4枚~ 40,000

円~

肖像使用許諾契約書(その他の広告用)

紙面広告などでモデルの肖像を使用する場合の肖像の使用許諾に関する契約書の作成料金です。

インターネット上で使用するものと異なり、使用される広告や時期などが限定的になります。
 

A4原稿4枚~ 30,000

円~

その他の契約書作成料金

当事務所ではネットビジネスに限らず、さまざまな契約書も作成しております。
主な契約書とその作成料金は以下のとおりですが、これらに限らず、様々な契約書を作成できますのでお気軽にお問い合わせください。

※ 表示価格はすべて消費税別です。

合意書や覚書、個別契約書など
A4原稿1~3枚  15,000

円~

講師契約書など
A4原稿3~5枚  25,000

円~

業務提携契約書
A4原稿5枚~  35,000

円~

代理店契約書、販売店契約書
A4原稿5枚~  35,000

円~

フランチャイズ契約書
A4原稿6枚~  40,000

円~

共同開発契約書
A4原稿6枚~  50,000

円~

契約書の英訳・和訳料金

DAN行政書士事務所では契約書の英訳や和訳業務も安価で実施しております。

  • もちろん当事務所作成のもの以外の契約書の英訳や和訳も実施しております。
  • 契約書は正規版(効力を持つ言語)をどの言語にするかで翻訳の仕方が変わります。当事務所の契約書英訳・和訳料金委はそういったコンサル費用も含まれます。
  • 英語以外の言語への翻訳も実施しておりますのでお問い合わせください。今までに中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、スペイン語などでの翻訳実績がございます。

※ 表示価格はすべて消費税別です。

当事務所で作成した契約書の英訳
12

円/字(税別)

※ ワードの「スペースを含めない文字数」でカウントします。

当事務所以外で作成の契約書の英訳
16

円/字(税別)

※ ワードの「スペースを含めない文字数」でカウントします。

英文契約書の和訳(簡易リーガルチェック付き)
23

円/単語(税別)

※ ワードの「単語数」でカウントします。

英文契約書の和訳(必要条文追加サービス付き)
28

円/単語(税別)

※ ワードの「単語数」でカウントします。

ご依頼から納品までの流れ

お問い合わせからご依頼、納品までの流れをご案内します。ここでのフローは一般的なものです。お急ぎの場合や決済方法のご指定などありましたら、柔軟に対応させていただきますのでご相談ください。

また、作成の途中で「複数部署合同のオンライン会議の機会があるので参加して説明してほしい。」といったご要望をいただくことも多々あります。もちろんそのようなご要望にも対応できますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ/お見積り >

作成に関することに限らず、テンプレートのことなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

当事務所からの返答 >

2営業日以内に当事務所からご質問の内容等に回答・返答するメールを送信します。 

ご相談 >

返答した内容やお見積りに疑問などがある場合には当事務所に「相談」を依頼することができます。
相談の依頼はお問い合わせフォームからも受け付けておりますので、最初から相談を依頼することも可能です。
ご相談はお電話や面談はもちろん、 Zoomなどのオンライン会議形式、Chatworkなどのチャット形式にも対応しております。

正式なご依頼 >

正式にご依頼いただく場合にはメールまたはお電話にてその旨お伝えください。基本的には発注書・発注請書で「契約」して作業開始とさせていただきます。(作成作業との同時進行など柔軟に対応できます。)
なお、発注書については当事務所よりテンプレートを送信させていただきますが、契約内容等についてはご希望等ありましたらお申しつけいただければできる限り対応させていただきます。

作業開始 >

正式なご依頼をいただいた当日から作成作業を開始します。草案提示まではベーシック・スタンダードは2~3営業日、プレミアムは7営業日程度です。

代金のお支払い >

基本的にはご依頼日から7営業日以内に作成代金をお支払いいただきます。(請書記載の支払日が優先されます。)

草案の提示 >

当事務所より契約書の草案をお送りします。草案はワードファイルのメール送信・Googleドキュメントの共有などの形式でお送りできます。

草案の確認・修正箇所のあぶり出し >

お客様には草案に実際のサービス概要と異なる部分がないかどうか確認作業をしていただきます。サービス概要と異なる点やその他修正する必要がある箇所がある場合には当事務所までご連絡ください。

修正版の作成・送信 >

お客様からの修正依頼に対応した修正版を作成、お客様に提示します。

修正版の確認・修正箇所のあぶり出し>

お客様には再度修正版の確認作業をしていただきます。以降この修正・確認作業を繰り返します。

最終版の送信 >

お客様にて「もうこれ以上の修正箇所はありません」という状態になりましたら当事務所にその旨ご連絡いただき、それに合わせて当事務所から最終版を送信させていただきます。
最終版はコメント等を削除したファイルでお送りします。お客様には最終版の受領後相手方にその最終版を提示していただきます。契約締結までの間修正などに無償対応させていただきます。

  • 「最終版以降の修正は有料」の条件でご依頼いただいている場合を除きます。
  • 相手方から全く内容の異なる契約条件を提示された場合は、その内容により、有償とさせていただく場合があります。