英語版利用規約や英語版利用約款等の作成

 英語版のWEBサイト利用規約、アプリ利用規約、施設などの利用規約、民泊施設の宿泊約款など、大勢の人に同一の条件を提示するための英語版の規約、約款の作成に関するページです。

 英語利用規約・英語利用約款の作成は全国対応、全世界対応です。
 また、クレジットカード決済にも対応しています。

 大勢の人ではなく個々の当事者との間で契約条件等を定める契約書形式(契約当事者すべてが記名押印またはサインする形式)の外国語版の作成や翻訳についてはこちらのページをご参照ください。

外国人向けにサービスを提供するための利用規約の作成なら

 海外から日本にやってくる観光客が増加の一途をたどり、日本で運営しているサービスを利用する外国人も増えてきました。この傾向は今後もしばらく続くのではないかと予想されています。

 ということは日本国内で日本人相手に実施しているサービスであっても英語の案内やパンフレットなどを準備する必要が生じているということではないかと思います。
 それは利用規約や契約書にも言えることで、特にサービスの利用に際して提示される利用規約については最低限英語版を準備していなければせっかくサービスを利用してくれる海外からのユーザーを逃してしまう可能性も高いのではないかと思います。

 当事務所ではこれまでも国内のミュージックスタジオやダンスホールなどの利用規約や焼き鳥専門店のWEB予約サービスの利用規約、民泊施設の宿泊約款(利用規約)など様々な日本国内で提供しているサービスの英語版の作成を実施してきました。 

 また、インターネットの発展により、日本国内で実施しているサービスを海外でも提供することも可能になりました。
 それにより海外進出を図りたい場合や、海外のユーザーに日本の商品を販売する場合、英語やその他の言語の利用規約やASPなどの利用契約書が不可欠になってくると思います。
 当事務所でも、これまでオンライン日本語教育プログラム・システム、アイドルグループ公式サイト、アニメ配信サイト、ホテル検索アプリ、航空会社キャンペーンサイト、古典文学データベースサービスなど様々なサービスの利用規約の英訳(他言語へのものも多くあります。)を実施し、その海外進出のお手伝いをしてきました。

 

英語版利用規約・英語版利用契約約款の作成料金

日本語版利用規約と英語版利用規約を同時に作成する場合

 当事務所で日本語版利用規約と英語版利用規約の作成を同時にご依頼いただく場合にはセット料金があります。英語訳が日本語1文字あたり8円での翻訳になるほか、日本語版の作成料金についても通常の作成サービスよりも低い料金設定をしています。

規約日本語版作成+英訳セット おおよその
総文字数
料金
サイトポリシー(情報の転載の禁止や保証否認条項などを定めるもの) 3,500字~ 30,000円~
プライバシーポリシー 2,000字~ 18,000円~
ネットショップ向け商品販売規約 4,500字~ 45,000円~
会員規約 5,000字~ 55,000円~
アプリ利用規約 6,000字~ 65,000円~
スタジオ等の施設利用規約) 5,500字~ 62,000円~
民泊施設利用規約(宿泊約款) 6,000字~ 65,000円~
宅配サービス、弁当購入予約サービスなどの利用規約 6,000字~ 65,000円~

※消費税別価格です。

※難易度により価格が変動します。

※条文追加時の翻訳料金は8円/字になります。

当事務所にて以前作成した利用規約を英訳する場合

 当事務所にて既に作成した利用規約がある場合、その英語版の作成についても日本語1文字あたり8円での翻訳になります。

 また、日本語版の利用規約についても、日本語版の作成に際して文字数を気にせずに作成しているはずなので、(ご希望の場合には)文字数を削減後に英訳を開始する形にすることもできます。その場合の日本語版の修正料金は無料になります。(サービス等に変更がある場合には規約の変更料金が発生する場合もあります。)

英訳単価
英語版利用規約等作成代金
(当事務所にて作成したものを英訳する場合)
8円/字~

※消費税別価格です。

※難易度により価格が変動します。

当事務所以外で作成等した利用規約を英訳する場合(チェック+修正を含まない場合)

 当事務所以外で作成した、またはご自身で準備された利用規約等を当事務所にて英訳する場合は、日本語1文字あたり12円での翻訳になります。当事務所で作成したものについてはある程度文章の体裁も決まっているため料金を安く抑えられますが、そうでない場合には作業量が大幅に増えますので高めの料金設定となってしまいます。

※日本語のチェック+修正をご希望ではない場合でも、いただいた日本語版の内容等が稚拙な場合や難解な場合にはチェック+修正のほうをお勧めさせていただく場合もありますのでご了承ください。

英訳単価
利用規約等英訳代金
(日本語版のチェック+修正を含まない場合)
12円/字~

※消費税別価格です。

※難易度により価格が変動します。

当事務所以外で作成等した利用規約を英訳する場合(チェック+修正を含む場合)

 当事務所以外で作成した、またはご自身で準備された利用規約等を当事務所にて英訳する場合で、当事務所でリーガルチェックと修正をしたうえでそれを翻訳する場合は、日本語1文字あたり14円での翻訳になります。

 リーガルチェック+修正料金はこの金額の中に含まれているため、通常の日本語のリーガルチェック+修正サービスの料金は発生しません。

 翻訳版のリスクを最小限にする条文をいくつか加筆する場合には+15000円の追加料金が発生します。

英訳単価
英語版利用規約等作成代金
(当事務所にて作成したものを英訳する場合)
8円/字~
利用規約等英訳代金
(日本語版のチェック+修正を含まない場合)
12円/字~
利用規約等英訳代金
(日本語版のチェック+修正を含む場合)
14円/字~

※消費税別価格です。

※難易度により価格が変動します。

 

利用規約・利用契約約款等の英語以外の言語への翻訳

  海外から日本にやってくる観光客が増加の一途をたどり、日本で運営しているサービスを利用する外国人も増えてきました。この傾向は今後もしばらく続くのではないかと予想されています。
 しかもその観光客のすべてが英語が話せるわけではありません。当然中国やインド、インドネシアなど「人口の多い国」についてはそれに対応できる言語の利用規約などを準備しておくというのも一つの選択肢ではないでしょうか。(インドについては英語が、インドネシアでは中国語もある程度通用するので、英語と中国語を準備しておくのがセオリーともいえるかと思います。

 また、たとえば中国や東南アジアにサービスを輸出(これらの国向けにサービスを展開)する場合には当然その国や地域で最も使われている言語の利用規約などを準備しなければなりません。

 当事務所ではそのような英語圏以外の言語の利用規約などの翻訳実績も多くあります。

  • アイドルグループの公式WEBサイトの利用規約・プライバシーポリシーの 英訳・中国語訳
  • 航空会社キャンペーンサイトの利用規約・プライバシーポリシーの英訳・中国語訳、ベトナム、マレーシア方面でのサービス展開のお手伝い

利用規約、利用契約約款等の英語以外の言語への翻訳料金

 利用規約や利用契約約款など、不特定多数のユーザーに対して提示して同意を得る、または申し込みを受け付けるものについての英語以外の言語への翻訳をする場合の翻訳料金です。

 なお、英語翻訳も同時にご依頼いただく場合には、日本語版の作成やチェック+修正については、英語版の料金の規定が適用されますので、下表の料金は発生しません。

料金
中国語(簡体字・繁体字台湾)、韓国語 16円/字~
中国語(繁体字香港) 18円/字~
その他の英語以外の言語 お問い合わせください
リーガルチェック+修正 基本料金
日本語10,000字まで
20,000円~
超過する場合
日本語5,000字ごと
+5,000円
日本語版の作成 作成サービスのページをご参照ください。

※消費税別価格です。

※難易度により価格が変動します。

※日本語のチェック+修正をご希望ではない場合でも、いただいた日本語版の内容等が稚拙な場合や難解な場合には「チェック+修正」または「作成」をお勧めさせていただく場合もありますのでご了承ください。

 

利用規約・利用契約約款の英語版作成や翻訳のポリシー・特徴

英語利用規約・英語利用契約約款作成の際に心掛けていること

 当事務所では、利用規約や利用契約約款については当事務所にて作業をしております。当事務所では英語利用規約や英語利用契約約款を作成する際、以下のことに心掛けています。

誰もが読んで理解できる表現を用いる

 実際にアメリカなどで使われている(当然英語の)契約書などはラテン語を多用していたり、受動態で書かれていたりという感じで読みづらい印象を受けるものが多くあります。
ですが、当事務所では利用規約や利用約款は大勢の人が読んで、どんな内容が書かれているか理解できることが重要であると考えているため、できる限りラテン語は使わない、たとえばヒスパニックなどの英語圏に住む他言語人でも理解できるような表現を用いて英語版利用規約や利用約款などを作成するよう心がけています。

イディオムを使わない

イディオムとはたとえば「go on」(続ける)などのように動詞と助詞が組み合わさって別の意味になるものですが、ただでさえ助詞が多く出てくる利用規約などでこれを多用すると意味が通じなくなる恐れがあります。それよりは、「続ける」という意味で別の単語「continue」などを使ったほうが解釈の相違が生じづらくなります。

代名詞を単独で使わない

日本語の契約書では当たり前のことですが、解釈の相違を避けるため「this」「it」「they」などを「それ」「これ」「それら」と単独で訳すような使い方はしません。使う場合にはたとえば「this case」「the provision」「these conditions」のようにその代名詞が何を指すのか特定できるような使い方をします。

豊富な経験

 当事務所では先にも書きましたが英語利用規約・英語利用契約約款の作成については様々な経験を積んできました。 

 それによってたとえば辞書では同じ意味の単語でも相手がどう受け取るのかに違いが生じるケースがあることにも気づいたことも多々あります。

 たとえば利用規約などで罰則規定を定めることは当たり前のことですが、その際、「処罰する」という単語で「punish」という単語を使ったことがあるのですが、この表現は非常に強い表現で、政府などが処罰する、つまり刑罰を科すような意味合いが強いことも実際にエンドユーザーからの反応でわかったことです。特に利用規約において言えば、「刑罰を科す」ような強い意味合いの言葉で記載してしまうとユーザーが利用しなくなる恐れもありますから、そういった表現には注意しなければなりませんが、当事務所ではそういったノウハウを多く持っています。

ご依頼から作成の流れ

  1. 1.まずはお気軽にお問い合わせください

    お問い合わせはメールフォームまたはお電話で

    電話でのお問い合わせ: 011-577-4454(平日9:00~17:00)

    メールフォームでのお問い合わせ: こちらのページをご利用ください。

  2. 2.当事務所からの回答・返答

    お問い合わせから2営業日以内には当事務所からご質問の内容等に回答・返答するメールを送信します。

    ドメイン指定などをされている場合には当事務所ドメイン(@shiosaka-gyousei.net)からのメールの受信を許可するようお願いします。(特にgmailの場合には受信を拒否されることが稀にあるようです。)

    お見積もりをご希望の場合、基本的にはこのメールにてお見積もりをすることができますが、内容等についての詳細のご説明をお願いする場合もありますので、ご了承ください。

  3. 3.ご依頼のご連絡

    正式にご依頼いただく場合にはメールまたはお電話にてその旨お伝えください。

    基本的にはお客様に発注書を発行していただき、当事務所にて発注請書を発行することできちんと「契約」して作業開始とさせていただきます。

    お急ぎの場合にはその作業を草案の作成作業と同時進行にするまたは省略することも可能です。

    なお、発注書については当事務所よりテンプレートを送信させていただきますが、契約内容等についてはご希望等ありましたらお申しつけいただければできる限り対応させていただきます。

  4. 4.作業開始・代金のお支払い

    正式にご依頼いただいた場合、その日から翻訳作業を開始します。

    作業にはおおよそ1週間から10日程度お時間をいただいております。
    (難易度や時期により提示までの時間が変動します。また、日本語版と英語版を同時にご依頼いただく場合には日本語版で1週間、英語版で1週間で合計2週間程度のお時間をいただくことになります。)

    お客様には当事務所発行の請求書に基づき作成代金のお支払いをしていただきます。
    支払方法は銀行振込のほか、クレジットカード決済、Paypal決済にも対応しております。

    支払時期は当事務所初回ご利用の場合には原則「一括前払い」または「半金前払い+残額後払い」のみとさせていただいておりますが、そのほかのお支払方法でのお支払いをご希望の場合はご連絡ください。

    なお、草案作成作業中、サービス概要等について質問等させていただく場合もありますので、その際はご協力いただく必要があります。

  5. 5.翻訳版の提示・送信

    当事務所で契約書等の翻訳版をお客様に送信します。

    翻訳版は基本的にはワードファイルでお送りしますが、たとえばGoogleドキュメントなどをドライブなどで共有する形で提示することも可能です。

  6. 6.翻訳版の確認作業

    お客様には当事務所から受け取った翻訳版に瑕疵(誤字脱字や明らかにおかしい箇所)がないかどうか等について確認作業をしていただきます。

    誤字脱字や明らかにおかしい箇所がある場合には当事務所までご連絡ください。翻訳版について質問や疑問などがある場合もお気軽にお問い合わせください。(英語以外の言語については返答までお時間をいただく場合があります。)

  7. 7.修正版の作成および送信、質問等への回答

    お客様から瑕疵等のご指摘を受けた場合、その箇所について当事務所にて修正し、修正版をお客様に送信します。

    また、お客様からいただいていたご質問等への回答もします。

  8. 8.最終版の送信

    お客様にて「もうこれ以上の修正箇所はありません」という状態になりましたら当事務所にその旨ご連絡いただき、それに合わせて当事務所から最終版を送信させていただきます。

    最終版はワードのコメントや修正履歴、蛍光ペン箇所などを削除したプレーン版という形で納品させていただきます。修正版の確認・再度の修正箇所のご指摘をしていただきます。

    最終版の送信をもって利用規約等の作成作業は完了し、しっかりプランの場合にはサポート期間の開始となります。

 

FAQ

翻訳について

外注しているのですか?
いいえ、英語への翻訳、英語からの翻訳については当事務所にて作業しています。
ネイティブチェックはしているんですか?
いいえ、基本的にはネイティブチェックはしていません。ただ、お問い合わせいただいたときにご説明していることがあるのですが、その説明をすると今までのお客様すべてが「必要ないね」という結論になっています。もしご興味がおありでしたらその旨ご連絡ください。
それでもネイティブチェックをご希望の場合には別途お見積もりさせていただきます。
海外の法律などに準拠していますか?
当事務所は日本の法律で定める資格をもって営業しております。日本の法律にはスペシャリストであると自負しておりますが、海外の法律についてはそこに準拠しているか否かについて責任を負うことはできません。
ただ、たとえば商品の販売に関する基本的な商慣習やルールなどが日本国内と海外とでさほど大幅な違いがあるわけではありませんので、そのあたりのリスクヘッジをどう考えるかはお客さま次第ということになるかと思います。

作成・翻訳代金について

固定料金ではないのですか?
はい、当事務所では固定料金制は採用してはいません。翻訳は基本的に(文字数×翻訳単価)+消費税という形になっていますので、事前にお見積もりしてからの作業となります。
文字数はワードの場合には文字カウントの「スペースを含まない文字数」(日本語→外国語)、または「単語数」(外国語→日本語)から算出していますので、ご参考にしてください。
追加料金は発生しませんか?
基本的には翻訳については文字数×翻訳単価で計算した金額のみ発生しますが、日本語版があまりに稚拙な場合やまったくリスクの軽減ができていない場合などはチェック+修正料金や作成料金を別途お見積もりさせていただく場合もあります。
高くないですか?
申し訳ありません。オリジナルでの作成なのでおそらく他所の事務所などから比べて作成に少し時間がかかってしまいます。時間がかかる分料金も高くなってしまいますが、その分当事務所で蓄積してきたノウハウを凝縮した、リスクに強い利用規約を納品できるものと自負しています。

お問い合わせについて

見積もりをお願いするのにどんなことを伝えればいいですか?
翻訳する契約書や利用規約などのデータをお送りください。
決まっていないこともたくさんあるけど?
決まっていないこと、どうしようか迷っている点などがあっても大丈夫です。当事務所では様々なサイトやサービスなどの利用規約の作成実績があり、そのお客様たちから学んだ様々なサービス運営上のノウハウや留意点などの知識がありますので、きっとお客様の「お悩み」や「疑問」の解決にお役立ていただけると思います。
相談料はかかるの?
いいえ、相談料は基本的には発生しません。ただ、知識を得るためだけに何度もご相談のみされるような場合には何度目かからは料金の発生についてご提案させていただく場合もあります。

ご依頼方法と納品について

依頼したいけどどうしたらいいですか?
まずは当事務所までお問い合わせください。お問い合わせはメールフォームご利用が便利ですが、お電話でのお問い合わせも可能です。
全国対応ですか?
はい、当事務所の利用規約作成や契約書作成、その他書類作成のすべての業務は全国対応、全世界対応です。許認可等の申請代行などの業務は北海道内限定のサービスとなります。
依頼に際して契約書にサインする必要は?
当事務所では原則としてご依頼に際してお客様より発注書を送信していただき、当事務所でそれに発注請書を作成してお客様に送信することによりきちんと「契約」して作業を開始しています。
当事務所は「契約書」の専門家ですから、そのあたりをおざなりにしてはならないと思っていますので。ご面倒をおかけすることもあるかと思いますがご了承ください。
なお、発注書については当事務所でテンプレートをご用意しておりますのでご活用いただけます。(テンプレートの内容の変更などをご希望の場合にはできる限り対応させていただきます。)
納品はワード形式だけですか?
いいえ、基本的にはワードファイルでの納品になりますが、ワード形式以外の形式(PDFやGoogleドキュメントなど)での納品も可能です。
また、Googleドライブを活用してファイル共有という形での納品も可能ですのでご活用ください。
なお、申込書形式での作成の場合でエクセルファイルにしなければ納品できない場合(たとえばワードファイル3ページ以上の文書を1ページの申込書に詰め込む場合など)には、エクセルで契約書としての体裁を整える作業が難儀なため追加料金が発生します。(この場合でも事前にお見積もりします。)
納品までの期間は?
お客様の確認、チェック作業のスピードにもよります。多い例では個人の方または中小企業からのご依頼の場合には2~3週間、チェックする部署が複数あるような中~大企業の場合には1か月をお見積もりいただいています。
また、独立行政法人や一般社団法人、官公庁などと共同で実施している事業の運営者様などからのご依頼の場合には3~6か月くらいのスパンがかかることがほとんどですので、それに合わせた期間をお見積もりください。

お支払方法、キャンセルについて

後払いにできますか?
当事務所初回ご利用の場合には原則として「一括前払い」か「半金前払い+残額後払い」のみとさせていただいておりますが、初回でも後払いでのお支払いに例外的に対応しています。ご希望の場合はお問い合わせください。
銀行振込だけですか?
当事務所ではクレジットカード決済やPayPal決済にも対応しています。
中途でのキャンセルはできますか?
申し訳ありませんが、当事務所から草案を送信したのちのキャンセルは一切することができません。また、草案提示前であっても作業開始後の場合にはキャンセル時点までに生じた作業料を請求させていただく場合があります。

納品された利用規約や契約書等の著作権やご使用方法について

納品された利用規約や契約書などの著作権はどうなりますか?
当事務所と契約時にかわす発注書・請書の内容にもよりますが、発注書テンプレートでは作成した利用規約や契約書等の著作権は納品をもってお客様にすべて(著作権法第27条および第28条の権利を含みます)譲渡します。
ただし、下記の禁止事項に違反した場合にはその著作権譲渡契約を解除させていただく場合がありますので、禁止事項に違反しないようお願いします。
納品された契約書などを自分で変更してもいいですか?
はい、ご自身で自由に規約等を変更してくださって構いません。
また、それらの変更をしたのちに大幅な変更等がある場合で、当事務所にそれに伴う利用規約や契約書の内容の変更をご依頼いただくことも可能です。
なお、当事務所にて利用規約や契約書等の修正や変更をする場合は、顧問契約やサポート期間中を除き有料(数千円程度)での対応となります。

禁止事項について

納品された利用規約や契約書などについて禁止事項はありますか?
納品した契約書などについては当事務所に無断で第三者に譲渡しないことと「ひな形」、「テンプレート」等の名目でWEBサイトなどに公開しないこと、配布しないことのみ禁止とさせていただいております。

そのほかに禁止事項はありますか?
はい、当事務所のWEBサイトの利用に関して、WEBサイトの情報を無断で使用していただいてもかまいませんが、当事務所の営業を妨害するような文言とともに掲載したり、そのような目的で転載、使用することはおやめください。